スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【マタニティブルー】ここ1週間で起こったこと:何もかもが不安で心細くなってすぐ涙が出る。

【マタニティブルー】ここ1週間で起こったこと:何もかもが不安で心細くなってすぐ涙が出る。


ここのところ1週間くらい、ブログをお休みしていました。


なんだかとても落ち込んでしまっていて、痛快な妊婦ブログ記事が書ける気がしなかったのです。


今朝気づいたのですが、これはマタニティブルーというものなのかもしれません。


何もかもが不安で心細くて、ちょっとしたことで自信をなくして、細かなことが許せなくなって、すぐに涙が出ます。


この1週間で何があったのかを振り返ってみます。

————————————————————


①<体調の異変>


急にお腹が張るようになり、苦しくてだるくて体が重くて動けなくなり、寝ようにも体勢が整わずうまく眠れず、一日中眠たくなり、全く思うように家事が出来なくなりました。



②<旦那の看病>


そんな中、うつ病の夫が風邪で寝込み会社を2日休みました。
必死で体に良い食べ物を作ったりマッサージしたりして看病を試みるもなかなか回復せず、さらに夫も鬱と風邪のダブルパンチで暗く、話しかけても会話が続かず心細い気分になりました。



③<入院準備の焦り>


そんな中、気晴らしにとマタニティヨガにいったところ、同じ週数の妊婦ママ友が既に入院準備を済ませていることが発覚しました。
結構揃えるものが多く、お金がかかることや、買い物には時間がかかることがわかり、夫に相談するも話をちゃんと聞いてもらえず、焦りと不安がつのって泣いてしまいました。


泣くと夫は「そんなことで泣くな。うるさい。」と言って部屋から出ていってしまい、余計に心細くなりました。
これからお母さんになるというのに子供のように泣いてしまう自分に対しても、自信がなくなりました。



④<舅姑と義姉夫婦の訪問>


週末には、夫の両親と姉夫婦と子供がうちに初めて遊びにきました。
仲が悪いわけではないですが、舅姑ともまだ数回しか会ったことがないですし、夫の義姉夫婦と子供は初対面でプレッシャーでした。
念入りに掃除をしておく予定でしたが、体が思うように動かなくなっていたせいで予定の半分も掃除できておらず、前日の夜にまとめて最後の力を振り絞るかのように掃除しました。


本来なら手を借りたい夫も、風邪で寝込んでいるという状況に涙がでました。
泣きながら床の雑巾がけをしていたら、呆れた夫が窓ふきを手伝ってくれました。



⑤<入院準備グッズ選びでの夫婦の問題>


夫の両親、姉夫婦が帰った後は気が抜けてしまい、疲れて寝込んでしまいました。
入院準備グッズの買い出しは体力的にもう厳しいと悟り、全て通販で買うことにしました。


寝ながら2日かけて自分なりに必要だと思うものをリストアップして夫に見せたところ、「うち、今お金ないこと知ってるよね?本当にこれ必要なの?」と言われてまた泣いてしまいました。


お金の使い方について夫から信頼されていないこと。
一番相談にのって欲しい夫が、入院・出産グッズに関心のないこと。
周りに出産経験者の相談できる友達がいないこと。
どこまでが必要最低限で、どこからが贅沢品扱いなのかの区別がつかないこと。
(トコちゃんベルトはどっち?可愛い授乳パジャマはどっち?)
仕事を辞めた今、自分には必要だと思う物すら自由に買えないこと。


この全部がどうしようもなく辛くなってしまい、何もかも出来なくなってしまいました。
朝ご飯を作ることも、夫を見送ることも、昼ご飯を食べることも、洗濯することも、掃除することも、ゴミを出すことも、晩ご飯を作ることも、犬の散歩をすることも、全部できなくなってしまいました。



⑥<乳腺の開通>


そんな中、昨日から母乳が出始めました。
衝撃的だったし、胸を押すと涙のようにポタポタ垂れる母乳を見て、無性に悲しくなりました。
もう自分の体が、ついに悪魔にのっとられてしまったような気分でした。
本当は嬉しいことのはずなのに。


————————————————————


こうして今日に至るという感じです。


“幸せってなんだっけ?”
“愛ってなんだっけ?”
“なんで生きてるんだっけ?”

とか、哲学的な無駄なことばかりネガティブに考えながら、一日中ベッドの中でブルーに過ごしています。



マタニティブルーって産後になるものだと思っていたのですが、妊娠9ヶ月以降は同じように不安になったり情緒不安定なマタニティブルーになる妊婦はいるみたいです。


いま自分がマタニティブルーなのかもしれないってわかって、少し安心しました。
もう早めに実家(電車で30分と近所なんです。)に帰って、出産までゆっくり過ごせるように、入院・出産準備を終えるまで、あと一踏ん張り頑張ろうって思います!



赤ちゃんを愛せない―マタニティ・ブルーをのりこえる12章赤ちゃんを愛せない―マタニティ・ブルーをのりこえる12章
(1996/02)
カレン・R. クレイマン、ヴァレリー・D. ラスキン 他

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ : マタニティライフ
ジャンル : 育児

プロフィール

ジェシカ

Author:ジェシカ
ジェシカ(27歳)(仮名)
東京都出身。
2013年12月に第一子の娘を出産。
趣味は映画。
現在お料理と育児を勉強中です。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
月別アーカイブ
最新コメント
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。