スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産入院にかかったお金を大公開!!費用に差が出る5つのポイント(。>0<。)

出産入院にかかったお金を大公開!!費用に差が出る5つのポイント(。>0<。)



今回の出産入院にかかったお金を大公開します!


ーーーーーーーーーーーーー

合計:¥328,280

内訳

○自分の分
¥169,160
(出産育児一時金の42万円差し引き後)

○ベビーの分
¥159,120

ーーーーーーーーーーーーー

明細

○自分の分

・入院料 ¥157,380
・検査料 ¥12,620
・投薬料 ¥1,890
・注射料 ¥3,350
・処置料 ¥18,370
・手術料 ¥9,630
・食事療養費 ¥11,290
・分娩料 ¥373,860
・その他 ¥770
・出産育児一時金 −¥420,000


○赤ちゃんの分

・入院料 ¥154,070
・処置料 ¥1,250
・その他 ¥3,800


ーーーーーーーーーーーーー


高いですね(。>0<。)
子供を1人産み落とすだけで、こんなにお金がかかるなんて。。。


費用は同じ病院で出産しても、人によって結構ばらつきがあります。
病院でできたママ友と領収書を見比べてみたりしましたが、20万円以上差がある人もいました。



私の場合の出産詳細

出産病院:聖母病院(都内の総合病院です。)
入院日:12月5日
出産日:12月6日
退院日:12月11日
・和痛分娩のため麻酔を使用
・会陰切開の傷の痛み止めを服用


私の場合はこの条件で、¥328,280でした。


他に一般的にはどのようなところで差が出てくるかというと、

1、入院当日に出産したかどうか
2、帝王切開による手術代
3、個室利用による差額ベッド代
4、会陰切開が保険適応できるレベルだったかどうか
5、入院が年末年始をはさんでいたかどうか ※年末は高いです。


という感じです。


私は、出産前日から破水で入院してしまったことと、和痛分娩による麻酔代がかかったことで周りのママさんよりも結構高かったです(。>0<。)


夫に合計金額を言ったら青ざめてました。笑



でも我が子を抱ける喜びはプライスレスなので、文句はいえないですね☆




↓退院前に、聖母病院のフォトスポット(?)聖母マリア像前で記念撮影☆

s_たいいん
スポンサーサイト

テーマ : マタニティライフ
ジャンル : 育児

出産入院:入院部屋は大部屋or個室どちらが良い??私のオススメは大部屋(*^▽^*)

出産入院:入院部屋は大部屋or個室どちらが良い??私のオススメは大部屋(*^▽^*)

s_なきがお


私の出産した病院では、入院のお部屋が5人一部屋の大部屋と、個室で選べるようになっていました。


どちらにもメリットとデメリットがあると思いますが、私は大部屋を選んでとっても良かったと思いました!(*^▽^*)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<大部屋を選んで良かったと思った理由>


①安い


個室を選ぶと、差額ベッド代がかかります。
うちの病院だと一日1万円くらいはかかります。
大部屋を選択すれば、この差額ベッド代はかかりません◎



②他の人も大変そうで安心する


赤ちゃんは大声で夜泣きもして、大部屋だと他の人に迷惑をかけてしまうのではないかと心配するかもしれませんが、みんな同じです。
赤ちゃんが泣き止まなくて必死でなだめるお母さんの声や、「赤ちゃんが盛大におもらししてしまったので、新しいシーツにかえてもらえませんか?」というあわてたお母さんの声や、乳首が切れて痛くて思わず悲鳴をあげているお母さんの声が聞こえます。
私は、これで「みんな同じように大変なんだ、私1人じゃないんだ☆」と安心できました。



③助産師さんのアドバイスが聞こえる


助産師さんが他のお母さんに話す声も聞こえるので、色々と情報が増えます。

他のお母さんが一度に何mlおっぱいをあげられているのかとかも分かります。
おっぱいが少ないのでミルクを足すことになったお母さんが、「粉ミルクはどこのミルクをつかったらいいでしょうか?」と聞いていて、助産師さんが、「実は今はどこのブランドの粉ミルクもほとんど成分は変わらないんですよ。安いものを選んでもらって大丈夫ですよ。」とアドバイスしていたり。

自分では質問しないようなことも、情報が沢山はいってきてためになります。



④他の赤ちゃんの泣き声がうるさいとは感じない


入院中は、とにかく授乳を頻繁にしなければならないので、とにかく眠いです。
なので、自分の赤ちゃんが寝てくれているときには、他の赤ちゃんの泣き声がうるさくて起きてしまうなんてこともないくらい、ちゃんと寝れます。

そして不思議なもので、自分の赤ちゃんの泣き声にだけは反応してちゃんと起きれます。
他の赤ちゃんの泣き声では決して起きないのに、自分の赤ちゃんの泣き声ではすぐ起きれるっていうのは本当に不思議です。



⑤夜もこわくない


これは大した理由ではないですが・・・。
私は病院で夜1人で寝るのってこわいので、大部屋はこわくなくてよかったです。笑



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



以上です。


お見舞いがきたときは、みんなデイルームでわいわいお菓子を食べたりしながら面会するので、大部屋だから気を遣ってしまうということもありませんでした☆


それにオナラとかしても大丈夫。気になりません。
赤ちゃんも沢山「ブリッ!」と大きな音でウンチを頻繁にしている中ですから。
みんな赤ちゃんのお世話に必死で、お互いに気にしていられないという感じでした。


また出産することがあったら、そのときも大部屋を選びたいと思います!!


テーマ : マタニティライフ
ジャンル : 育児

夫の立ち会い出産:陣痛中に募るイライラ!事前にちゃんと話し合っておくべきでした( ̄へ ̄|||)

夫の立ち会い出産:陣痛中に募るイライラ!事前にちゃんと話し合っておくべきでした( ̄へ ̄|||)



うちは、夫の立ち会い出産でした。


でも陣痛中は、ちゃんとサポートしてくれない夫にイライラしてしまって、喧嘩になりました!
立ち会い出産は、事前にちゃんと当日どうして欲しいかシミュレーションして話しておくべきでした!


一番理解できなかったのは、陣痛中だというのに、一回寝るために家に帰ったこと!!!\(*`∧´)/

↓病室での旦那。
s_立ち会い



私は夕方に破水して、夜から陣痛が本格化して、明け方には陣痛が3分間隔になって、朝になって和痛分娩の麻酔を打ちました。
なので、一番辛かったのは夜中!!!
なのに、うちの旦那は夜いったん寝るために22時頃家に帰って、朝8時頃ようやく病院に戻ってきました。


もう旦那が戻ってきたときには麻酔のための朝の診察も済んで、もう陣痛の苦しみから解放されようとするところ。
そのため、旦那は私が苦しんでいる姿をほとんど見ていないのです!!!


「あなたは一体何をしにきたの!?立ち会い出産て何だと思ってたの!?産み落とす瞬間だけを見るだけだと思ってるの!?」と言って、喧嘩になりました。



私が元々抱いていた立ち会い出産のイメージとしてはこんな感じでした。


私が陣痛で苦しむ姿を夫が心配しながら必死でサポートして。
夫は何もしてあげられない無力さを実感して情けなくなったりして。
女性の体の神秘が最もひきたつ神々しい雰囲気の中でベビーが産まれる感動をかみしめる、みたいな。


こういうのを想像していたのに!!!



夫の立ち会い出産で喧嘩したり、失敗したりする人って、結構多いみたいですね。
陣痛中はどうしても余裕がなくて暴言を吐いてしまったりもしますし。


知り合いの旦那さんで、奥さんを10時間マッサージし続けたというがんばり屋さんもいましたが、そんな偉い旦那さんばかりではないですよね。




この経験をふまえ、夫の立ち会い出産をされる方にはこんなアドバイスをおくりたいです。



①旦那さんに、陣痛がはじまってから出産までの流れをしっかり理解してもらってシミュレーションしておく。

②してほしくないことをリストアップしておく。
(例えば、暇だからといって携帯ゲームしたり寝たり雑誌読んだりしないで!とか。)

③きっと旦那さんは実際には手持ち無沙汰で暇になってしまうので、どうしていて欲しいか伝えておく。
(例えばひたすら心配しながらそばにいてね、とか。出来る限りマッサージし続けてね、とか。)




結局喧嘩はしましたが、分娩台にあがってからの1時間は旦那も集中力を取り戻して、産まれた瞬間は2人で感動を分かち合うことができました☆
でも出産の思い出は一生残るものですから、喧嘩とかはしたくないですね!


テーマ : マタニティライフ
ジャンル : 育児

【和痛分娩体験レポート】1つの誤算:「産後のダメージ」

【和痛分娩体験レポート】1つの誤算:「産後のダメージ」



和痛分娩は最高でした。


ただ、1つだけ誤算がありました。


和痛分娩に期待していたのは、「産後のダメージが少ないから、産後直後からお世話に全力を注げる」というメリット。


これは、全然違いました!!!!!



ばっちり、産後のダメージ受けまくりです。
むしろ、普通分娩の人よりもダメージ大きかったみたいです。。。
和痛分娩でラクできた分、産後に来たっていう感じでした。


でもこれは多分、運が悪かっただけだとは思います。
なんといっても今年は大殺界ですから(ノ_-。)


”和痛分娩だから産後のダメージが大きかった”という訳ではなくて、”和痛分娩だからといっても産後のダメージは軽減できるわけではない”ということです。


ダメージが大き過ぎたせいで、私は希望していた直後のカンガルーケアもNG。
そして直後の授乳もNG。
結局赤ちゃんが最初に飲んだのは、粉ミルクになってしまいました。


どんなダメージがあるのかは、次の記事で!

テーマ : マタニティライフ
ジャンル : 育児

【和痛分娩体験レポート】最高☆次も絶対和痛分娩にします(ノ゚∇゚)ノ

【和痛分娩体験レポート】最高。次も絶対和痛分娩にします(ノ゚∇゚)ノ


破水から始まったドタバタなお産でしたが、無事に和痛分娩できました。


実際のところ、和痛分娩てどうだったのかご報告します!




麻酔を入れてから、産み落とすまでの間、全く痛みはありませんでした☆☆☆


↓この写真は、子宮口がほぼ全開になって、そろそろ分娩台にうつりましょうかというときに撮った写真です。

s_出産直前


助産師さんから、「余裕そうですね・・・。普通なら、絶叫している段階ですよ。」と言われました(笑)
笑顔で写真なんか撮ってる場合じゃないらしいです(^▽^;)




事前の説明ではイマイチ私も理解していなかったのですが、和痛分娩の麻酔は”痛み”や”熱さ”などの感覚だけを消してくれるものだそうです。


ちょっとだけ足の感覚が鈍くなりますが、基本的には触った感覚も圧迫される感覚も全部残ります。



「麻酔するといっても、多少は痛いだろうな〜」と覚悟はしていたのに、私は麻酔がよく効いていたのか、全く痛くありませんでした!
痛みゼロです!!


近くで自然分娩の方が苦しそうにうなっている声を聞くと、なんだか申し訳なくなる程快適でした。




分娩のときに、麻酔をしていると足にしっかり力が入らなくて息めないという話も聞いていましたが、それも案外大丈夫でした。


私は分娩の直前に発熱して急いで産まなければならなかったため、息みやすくするために麻酔を弱めたりはしましたが、あまり変わらなかったと思います。


助産師さんの言う通りに力いっぱい息めば、ちゃんとできます。


また余裕があったので、助産師さんの言う通りのタイミングにしっかり合わせて息むことができました。
痛いからといって変なタイミングで力を入れてしまったりすることがないので、無駄な体力は使わずにお産ができました。



会陰切開も、会陰の縫合も、少しも痛くありませんでした☆
(※麻酔がきれた後の痛みはハンパなかったですけど!\(;゚∇゚)/)




もしまた2人目を産むことになったとしたら、私は絶対また和痛分娩にします。
出産を経験してみて、あえて痛みを感じる必要はないなと感じました。



ただ、私が病院内で会った普通分娩した友達に感想を聞いたら、
「産むのは全然思ってたほど痛くなかったよ〜。産後の方がよっぽど辛いよね。会陰の傷とか。」
と言っていてビックリしました。


もしかしたら、麻酔使わなくても出産は痛くないのかもしれません。笑
絶対そんなわけなさそうだけど!!





テーマ : マタニティライフ
ジャンル : 育児

プロフィール

ジェシカ

Author:ジェシカ
ジェシカ(27歳)(仮名)
東京都出身。
2013年12月に第一子の娘を出産。
趣味は映画。
現在お料理と育児を勉強中です。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
月別アーカイブ
最新コメント
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。