スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベビーカー乗車拒否問題 絶望エピソード&対策②ヒップシート購入

ミニーちゃんのストローラーを買って、
たまに乗ってくれるようになった娘。


でも、うまくいかないことも多いです。


ある日スーパーの帰り道、完全に乗車拒否され、
辛すぎて私が道路で泣いてしまったことがありました。。。(´-`)


坂道の下り坂で、
キャベツとか買ったものをストローラーの座席に乗せ、
片手で1娘を抱っこしつつ、
ストローラーを片手操作で歩きました。


重いものをのせた安物のストローラーは
片手なんかでコントロールできるはずはなく…
癇癪をおこして暴れまくる12kgの娘を
片手で抱っこし続けられるはずもなく…


娘が落ちそうになった瞬間、
ストローラーの手をはなしてしまい、
キャベツをのせたストローラーは坂道をゆっくり勝手に降りていきました。


それを横ぎる通行人たちの視線の冷たさといったらないです。
絶望感と惨めさでその場で泣いてしまいました(o_0)
今思い出しても震えます。
誰でもいいから助けてほしかったなぁ。



その日の夜、『このままではいかん』と思い
Amazonで新しい抱っこ紐を買いました。
かれこれ4つめの抱っこ紐。



それがヒップシートです。




↑Amazonでお手頃だったので、ヤトミのヒップシートに決めました。


ヒップシートは、元々韓国から人気がでた抱っこ紐のようで、
腰につける固いウエストポーチです。


流行に伴い、アイエンジェルやベビーアムールなど国産ブランドのヒップシートも増えて、2016年のいまや抱っこ紐界で次世代定番の市民権を得た模様です。


エルゴを愛用してきた私が
2歳の娘にヒップシートを買った理由は以下のとおりです。


①重いのでずっと抱っこはムリだから。

エルゴでも2歳の抱っこはもう15分が限界。
ちょくちょく降ろして歩かせるのを前提に考えました。

②気軽。

腰にずっと付けっぱなしでベルトもないため、
乗せおろしがとにかく気軽。
※レジでお会計しているときとか、本当に便利!


③楽。

抱っこの姿勢が楽。

前から、『もっと腰骨が出っ張っていれば、そこに乗せて楽に抱っこできるのに』と思っていました。

まさにその腰骨が出っ張ってくれたみたいな感じです。

見た目以上に姿勢が楽になります。




以上です。



これを買ったことで、

ベビーカーでのお出かけの帰り道に乗車拒否されても、
片手で娘を支えながらベビーカーを操作できるようになりました。


ヒップシートを念のため腰につけておいて、
娘と歩いてお出かけすることも増えました。



多少見た目はウエストポーチぽくてダサいですが、
私を絶望から救ってくれて救世主です。


ヒップシートおすすめです!


↓普通の抱っこ紐のように、両手放しでつかえるベルト付きのものもあります。




スポンサーサイト

ベビーカー乗車拒否対策①ベビーカーカスタム&チェンジ

ベビーカー乗車拒否問題の対策について。


1つ目は、ベビーカーの雰囲気を変えることです。


アンパンマンのおもちゃをとりつけたり、
たまに対面式に変えてみたり、
冬だったら、フットマフをつけてみたりするだけでも、
気分が変わります。

↓こういうもの。
好きなキャラクターや色でご機嫌をとる作戦です。




うちの場合、これはかなり有効でした。


新鮮な気持ちになるのか、100%乗車拒否だったものが、たまに乗ってくれるようになりました。



ただ、新鮮な気持ちは長続きしません( ゚д゚)


乗るかどうかは乗せてみないとわからないし、
たまに乗ってくれても、
外出先で道の途中で降りようとしたり、
帰り道は乗らなかったり。


試行錯誤の末、キャラクターで釣ってみようということで
DELTAの安いミニーちゃんのストローラーを買ってみました。
4200円で激安です。




↓同じシリーズで、ディズニープリンセスやドーラなどもあります。



気分にはよりますが、ミニーちゃん好きな娘は、これでかなり乗車率は高くなりました!


1番助かるのは、これは車高が低いため、
無理に降りようとして落ちて怪我をする心配がありません。


ベルトを嫌がるのですが、これならしなくても大丈夫そうだったので、うちはしていません。
(※自己責任ですが!)


ベルト無しなので、縛られてる感が少なく
いつでも好きに乗ったり降りたりできる自由感が
娘には好評でした。


なんといっても安いので、
試してみる価値はアリです(=゚ω゚)ノ




ベビーカーに乗ってくれない問題

ベビーカーに乗ってくれない問題


うちの娘はベビーカーの乗車拒否をします。
1歳半頃から2歳2ヶ月の今にいたるまで。

乗せようとすると大暴れし、
無理やり乗せても、うまくベルトをすりぬけて、
座席に立ち上がって抱っこをせまります。

(過去3回ほど、足にベルトがひっかかったまま頭から落ちて怪我しています。)


本当にイライラするし、嫌になります。


昔は良い子で乗ってくれたのに。


抱っこしてお出かけするにも、12キロの暴れる子供を連れて歩くには限界があります。


いまだに悩ましいですが、私が悩みぬいてとった対策をご紹介します。



①ベビーカーを変える

②抱っこ紐を常につける

③ベビーカーをカスタムする


詳しくご紹介していきます!

悩んでいる方の参考になれば嬉しいです^ ^







プロフィール

ジェシカ

Author:ジェシカ
ジェシカ(27歳)(仮名)
東京都出身。
2013年12月に第一子の娘を出産。
趣味は映画。
現在お料理と育児を勉強中です。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
月別アーカイブ
最新コメント
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。